ルイ ジュベ(英語表記)Louis Jouvet

20世紀西洋人名事典の解説


1887.12.24 - 1951.8.16
フランスの俳優,演出家。
元・コンセルヴァトワール教授
クロゾン(ブルターニュ地方)生まれ。
本名ピエール・レストランゲ。
1908年アクシオン・ダール劇団に加わり、’11年コポーに師事し、’13年ビュー・コロンビエ座の俳優兼舞台監督として活躍し、’22年コメディ・デ・シャゼリゼ支配人となり、翌年「クノック」で大当りする。’27年「四人連盟」を作り、新演劇運動の中心的な存在となり、’34年アテネ座に移り、’35年コンセルヴァトワールの教授となる。又、俳優としてもユニークな風貌と喜劇味ある演技で独特の名演技を残す。作品に「カラマーゾフの兄弟」(’11年)、「真夜中まで」(’48年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android