コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイボス茶 るいぼすちゃ

1件 の用語解説(ルイボス茶の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

るいぼすちゃ【ルイボス茶】

《栄養と働き&調理のポイント
 ルイボスアフリカ最南端、喜望峰の北にあるセダルバーグ山脈周辺にのみ自生する、マメ科の植物です。その葉を乾燥し、発酵させたお茶を飲むと、いつまでも若々しさを保っていられることから、原産地に住む人たちのあいだでは、昔からルイボス茶が、不老長寿の薬とされてきました。
○栄養成分としての働き
 ルイボス茶には、骨の健全な形成や神経の興奮の調整をになうカルシウム、血圧の上昇を抑制するカリウムヘモグロビンの合成に不可欠な鉄、神経や筋肉の正常な働きを維持するマグネシウム、健全な成長や生殖能力を維持する亜鉛(あえん)、鉄の吸収を促進する銅など、身体機能の健全に不可欠な微量元素ミネラルが豊富に含まれています。
 また、活性酸素を中和するフラボノイドも豊富です。
 これらの働きによって得られるルイボス茶のおもな効用は動脈硬化、糖尿病、便秘(べんぴ)、胃弱の予防・改善などです。
 さらに、ストレスの解消や美肌にも効果があります。
 なお、健康への効用を期待するなら、1日にコップ3杯以上飲むといいでしょう。
 ルイボス茶は味や香りに比較的クセが少なくて飲みやすいうえ、カフェインを含まないので、夜でも安心して飲むことができます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

ルイボス茶の関連キーワードブレークポイントポイント活字ポイントガードポイント開発ポイント・カラーポイント制ボーナスポイントポイント方式チャンピオンシップポイントヒッティングポイント

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルイボス茶の関連情報