ルイ様式(読み)ルイようしき(英語表記)Louis styles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイ様式
ルイようしき
Louis styles

フランスのルイ 13~16世の時代の美術様式。「ルイ 13世様式」などと用いられる。後期ルネサンス,バロックロココ新古典主義などに分けられる。ルイ 13世の時代は,リュクサンブール宮殿の建築などにイタリアの影響が強くみられた。 14世の時代にはベルサイユ宮殿の建築や,アカデミー,王立のタペストリー,家具,陶器などの製作所が設立され,東洋趣味も加わって,豪華なバロック様式を展開。 15世の時代には優雅,軽快なロココ様式に変り,唐草や貝殻模様が好まれた。 16世の時代には,古代と自然への復帰の傾向が現れ,ベルサイユ宮殿内のプチ・トリアノンのような簡素な形式が流行し,新古典主義に移行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android