コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイ10世 ルイじっせいLouis X, le Hutin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイ10世
ルイじっせい
Louis X, le Hutin

[生]1289.10.4. パリ
[没]1316.6.5. バンセンヌ
フランス王 (在位 1314~16) 。「強情王」とも呼ばれる。カペー家出身。フィリップ4世の長男。母からナバール (ナバラ) 王位 (在位 1305~14) をも継承したが,フランス国王即位の際弟フィリップに譲った。彼の短い治世には叔父シャルル・ド・バロアが実権を握り,先王の集権政策に対する諸侯の反動が表面化した。そこでルイは先王の用いた政治家たちを解職ないし投獄し,宰相マリニーを処刑したが,地方貴族の特権を容認せざるをえなかった。最初の妃マルグリット・ド・ブルゴーニュは,1315年密通の疑いで投獄され獄死し,同年ハンガリー王カーロイ1世の娘クレメンスと結婚した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ルイ10世

生年月日:1289年10月4日
フランス国王(在位1314〜16)
1316年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ルイ10世の関連キーワードシャルル(邪悪王)フィリップ5世フィリップ6世シャルル4世ジャン1世カペー家生年月日強情王遺児王喧嘩王遺腹王

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android