コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バロア バロア Vallois, Henri-Victor

3件 の用語解説(バロアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バロア
バロア
Vallois, Henri-Victor

[生]1889.4.11. ナンシー
[没]1981.8.27. パリ
フランスの人類学者,古生物学者。パリの人類博物館館長,人類古生物学研究所所長などを歴任。ヨーロッパの人類学を代表する人物で,化石人類学に関する業績があるほか,ユネスコによる「人種および人種差の本質についての声明」 (1951) での座長をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バロア
バロア
Valois

フランス北部,イルドフランスオアーズ川左岸に位置する古い地方名。中心地はクレピアンバロアエーヌ県オアーズ県の各一部にあたる。中心都市クレピーアンバロア。コムギテンサイ中心の大農場地帯で,近年都市化が進んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バロア
ばろあ
Valois

フランス北部の地方名。パリ盆地に位置し、イル・ド・フランスの一部で、ソアソネ地方(中心都市ソアソン)の南西部にあたる。主としてオアーズ県の東部と一部エーヌ県の南部を覆い、コンピエーニュの森を含むオアーズ川左岸の地域である。中心都市はクレピー・アン・バロアCrpy-en-Valois(人口1万4436、1999)。泥土質の台地からなり、穀物、テンサイ、飼料用作物、野菜などが大規模な経営によって耕作される農業地帯。古くから伯爵領であったが、フィリップ2世時代の1214年フランス王国に併合された。フィリップ4世の弟シャルルがこの地を領してバロア伯となり、シャルルの息子フィリップ6世が男系の絶えたカペー朝を継いでバロア朝を建てた。[高橋伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バロアの関連キーワードイブンシーナークインシーメロンナンシーカラーナンシー花スタイルナンシーバリューハーディ・ボーイズ ナンシー・ドルーランシーナンシー関チョーンシー,N.NANCY

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バロアの関連情報