コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナバラ ナバラ Navarra

3件 の用語解説(ナバラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ナバラ(Navarra)

スペイン北東部、ピレネー山脈南麓にある自治州。西隣のバスク自治州やフランスアキテーヌ南部とともにバスク文化圏を形成している。州都はパンプローナ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナバラ

スペイン北部,ピレネー南麓の県で一県一自治州を形成。南はエブロ川で画される。かつてのナバラ王国の一部。丘陵または山地からなり,小麦,ブドウオリーブを産し,林業も盛ん。
→関連項目バスク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナバラ【Navarra】

スペイン北部,ピレネー山脈南西部の地方。現在のナバラ県と一致する。面積1万0421km2,人口50万9002(1981)。主都はパンプロナ。パンプロナ盆地を中心にバスターン,ロンカル,ロンセスバリェス,アメスコアの各峡谷と丘陵からなり,エブロ川とその支流の南側に沃地がある。山地では林業,丘陵地では牛,馬,羊の飼育に加えブドウ栽培がみられる。平地では小麦,オリーブ,果樹栽培が行われ,化学,製紙,皮革,食品の各工業がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のナバラの言及

【バスク】より

…16世紀以降に創作された伝承文学,中世の神秘を想起させる田園詩,滑歩(パ・グリセ),デカジェ,ロン・ド・ジャンブなどの組合せで,大地や宇宙との接触をリズム感で表現した民族舞踊,中世のポーム球戯から生まれた,テニスのように壁に向かって敵味方が打ち合うペロタ球戯(ハイアライ)など,文化面でも豊かであり,ベレー帽はバスク固有の風俗としてあまりにも有名である。【石原 照敏】
【スペイン・バスク】
 スペイン側のバスク地方はギプスコアGuipúzcoa,ビスカヤVizcaya,アラバAlava,ナバラNavarraの4県からなる。面積1万7675km2,人口267万(1995)。…

※「ナバラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナバラの関連キーワードバスクピレネー山脈ピレネーカタルーニャスペイン村ペルデュ山ルールドピレニアン・マスティフフレンチ・ピレニアン・ポインターピレネー山脈-ペルデュ山

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナバラの関連情報