握り(読み)ニギリ

デジタル大辞泉の解説

にぎり【握り】

手で握ること。また、握ったもの。
手で握った長さや太さ。また、量。「ひと握りの米」
器物の、手で取り持つ部分。「包丁の握り
囲碁で、先番をきめる方法。握った石の数が偶数か奇数かを言い当てることで先手を決める。つかみ。
握り飯」の
握り鮨(ずし)」の略。
ゴルフなどの勝負事で、金品を賭けること。
一定の利回りを保証して資産の一任運用契約を勧誘・締結すること。金融商品取引法で禁止されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にぎり【握り】

握ること。
手で握った長さ・太さ・量。 「一-の米」 「二-もある取っ手」
道具などの、手で握る部分。 「バットの-」
握り鮨ずし」の略。 「 -一人前」
握り飯」の略。 「お-」
つか」に同じ。
ゴルフ・麻雀などのギャンブルで、金品を賭けて多人数の中で一対一の勝負をすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

握りの関連情報