コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルシャイ族 ルシャイぞくLushai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルシャイ族
ルシャイぞく
Lushai

ミゾ族 Mizoともいう。インドとミャンマー国境のミゾ丘陵に住むチベット=ビルマ語系の一民族。人口約 40万~50万と推定される。焼畑で稲をおもに栽培し,ミタン牛を飼う。村は山頂に位置し,柵で防備されている。親族は父系的に組織され,1つの村は数氏族の成員で構成される。社会は首長,平民,農奴,奴隷の4階層から構成される。精霊崇拝を基調に動物供犠を行なって記念柱やメンヒルを立てるが,イギリス統治以前には首狩りもした。 18世紀以後,隣接するクキ族を圧迫吸収して拡張した。今日では多くのルシャイがキリスト教徒となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のルシャイ族の言及

【ミゾラム[州]】より

…インド北東端の州。面積2万1000km2,人口69万(1991)。州都はアイザウルAizawl。アラカン山脈の北端部にあたるミゾ丘陵を構成する諸山地が南北走して,ほぼ全域を覆い,その間を数条の狭長な谷底平野が延びる。丘陵はほぼ標高150~900mで,最高所でも1600mほどである。年降水量2500mm以上の多雨地帯で,丘陵中央部では4000mmを超える。山地斜面は常緑広葉樹および竹に覆われている。住民はルシャイLushai族を主とし,そのほかパネイ,チャクマ,リアン族などが居住し,いずれもシナ・チベット語族のチベット・ビルマ語派に属する言語を話す。…

※「ルシャイ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルシャイ族の関連キーワードシナ=チベット語系諸族ラカイン山地ミゾラーム州アイザウルチン州チン族

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android