コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルジャヴル岩 ルジャヴルがん lujavrite

1件 の用語解説(ルジャヴル岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ルジャヴル岩

ラムゼイにより記載され[Ramsay : 1890],ブレガーによりluijauriteとされた岩石で[Brögger : 1890],後にラムゼイによりlujavriteと命名された[Ramsay : 1894].細粒優黒質の過アルカリネフェリン閃長岩で,ユーディアライトを含んでいる.針状のエジリンや薄い板状の長石によって粗面完晶質(trachytoid)または片麻岩状の組織を示す岩石である.様々な変種が存在する.岩石名はロシアコラ半島のルジャブル・ウルト(Lujavr-Urt),現在のロヴォゼロ(Lovozero)の地名に因む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルジャヴル岩の関連キーワード支払人ハント症候群ラムゼー無税六神丸イジョラ岩ラムゼイ共鳴ラムゼイ‐シールズ‐エートヴェーシュの式ラムゼイ‐シールズの式ラムゼイ‐ヤングの法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone