コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルジャヴル岩 ルジャヴルがんlujavrite

岩石学辞典の解説

ルジャヴル岩

ラムゼイにより記載され[Ramsay : 1890],ブレガーによりluijauriteとされた岩石で[Brögger : 1890],後にラムゼイによりlujavriteと命名された[Ramsay : 1894].細粒優黒質の過アルカリ質ネフェリン閃長岩で,ユーディアライトを含んでいる.針状のエジリンや薄い板状の長石によって粗面完晶質(trachytoid)または片麻岩状の組織を示す岩石である.様々な変種が存在する.岩石名はロシア,コラ半島のルジャブル・ウルト(Lujavr-Urt),現在のロヴォゼロ(Lovozero)の地名に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ルジャヴル岩の関連キーワードチビナ岩

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android