ルターの家(読み)ルターのいえ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ルターのいえ【ルターの家】

ドイツ中部、チューリンゲン州のアイゼナハ(Eisenach)にある、同国の宗教改革を主導したルター(Martin Luther、1483~1546年)が学生時代に住んでいた家。1483年にザクセン州の小さな村アイスレーベン(Eisleben)で生まれたルターは、1498~1501年までラテン語学生として、この家に下宿していた。この家が、鉄道のアイゼナハ中央駅から約1km、徒歩15分ほどの場所に残っていて、博物館になっている。ルターはこの町で学ぶ間、市内マルクト広場近くにあるゲオルク教会の聖歌隊にも属していた。内部にはルターの肖像画や当時の家具の複製がおかれ、ルターの生涯と業績をたどる資料の展示を行っている。この博物館は、アイゼナハで最も古い木組み建築の家屋の一つでもあるため、伝統的な建築物としても注目されている。ルターはこののち、1501~1505年までエアフルト大学に在籍し、哲学を学んだ。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android