ルター教会の音楽(読み)ルターきょうかいのおんがく(英語表記)Lutheran church music

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルター教会の音楽
ルターきょうかいのおんがく
Lutheran church music

ルター派教会の礼拝で用いられる音楽。 M.ルター宗教改革の精神を具体化するため教会音楽の庶民化をはかり,コラールの基礎をつくった。礼拝のなかでカンタータが占める地位,オルガンの重視などに特徴がある。 16世紀中頃から発達し,プレトリウスシュッツブクステフーデパッヘルベル,バッハにいたって最頂点に到達,20世紀に入って H.ディストラー,E.ペピングらによって復興をみた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android