コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルドリュ・ロラン Alexandre Auguste Ledru‐Rollin

世界大百科事典 第2版の解説

ルドリュ・ロラン【Alexandre Auguste Ledru‐Rollin】

1807‐74
フランスの政治家。七月王政下と二月革命期に共和主義者として活躍したが,普通選挙の実現を通じて社会改革を可能にしていくというその立場は,民衆運動による下からの社会革命の方向とは,しばしば対立した。七月革命後に弁護士としてまた共和派として知られるようになり,1841年から42年,46年と連続して代議士に当選,議会最左翼の急進共和派を形成し,民主的で社会的な共和国の実現を唱え,労働者層にも普通選挙の実現を訴えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のルドリュ・ロランの言及

【急進主義】より

…しかし以後も,労働者階級に選挙権を拡大しようとする議会政治家が出現し,彼らを急進派と名づけるようになる。 こうしてイギリスで生まれたこの言葉は,フランスに輸入されて,ルドリュ・ロランらの共和派に冠せられることになる。七月王政下の1838年に,彼は普通選挙の実現こそが革命を予防しうるものだという立場を明確にし,政治的改革の重要性を強調した。…

※「ルドリュ・ロラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルドリュ・ロランの関連キーワードオリビエ(Emile Ollivier)マッツィーニ第二共和政改革宴会

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android