最左翼(読み)サイサヨク

デジタル大辞泉の解説

さい‐さよく【最左翼】

最も急進的なこと。また、そのもの。
《もと、軍関係の学校で成績順に右から並んだところから》競争者のなかでいちばん成績の悪いこと。「数学はいつも最左翼だった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐さよく【最左翼】

〘名〙 左翼でも最も急進的なもの。最も急進的な考え、思想。
※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉或左傾主義者「彼は最左翼の更に左翼に位してゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最左翼の関連情報