コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルムンバ民族友好大学 ルムンバみんぞくゆうこうだいがくUniversitet druzhby narodov imeni Patrisa Lumumby

1件 の用語解説(ルムンバ民族友好大学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルムンバみんぞくゆうこうだいがく【ルムンバ民族友好大学 Universitet druzhby narodov imeni Patrisa Lumumby】

アジア,アフリカ中南米発展途上国の各分野における専門家の養成を援助すると同時に,それらの地域にソ連の政治的・文化的影響力を広める目的で,1960年にモスクワに設立された高等教育機関。発展途上国からの留学生は一定数のソ連人学生といっしょに学ぶ。当初は日本人も受け入れていたが,60年代後半からは受け入れていない。学費,寮費,医療費などは無料。物理数学・自然科学,歴史・文学,経済・法律,工学,農学,医学の各学部からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone