学費(読み)がくひ

精選版 日本国語大辞典「学費」の解説

がく‐ひ【学費】

〘名〙 学生・生徒授業料、書籍代など、勉学するのに必要な用。学資
※万国新話(1868)〈柳河春三編〉二「極下賤の小児を教ふる所にて学費はより出すに及ばず」 〔宋史‐食貨志・下七〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「学費」の解説

がく‐ひ【学費】

学校で教育を受けるためにかかる経費。授業料・教科書代など。学資。「学費値上げ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の学費の言及

【私立学校】より

…また,全大学・短大生に占める私学生の割合も,1950年の62.2%から82年の76.6%と増大している。(2)私立学校と国公立学校の格差の大きさ(学生等1人当り数) (a)入学時学費では,幼稚園で私立が公立の9倍,高校で12倍,大学(医歯学部を除く)で4倍弱の負担増となっている。とくに,私立大学の学費はアメリカをしのぐ世界一の水準といわれる。…

※「学費」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android