コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルモニエ ルモニエ Lemonnier, (Antoine Louis)Camille

2件 の用語解説(ルモニエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルモニエ
ルモニエ
Lemonnier, (Antoine Louis)Camille

[生]1844.3.24. ブリュッセル近郊イクセル
[没]1913.6.13. ブリュッセル
ベルギーの小説家。フランス語で書く。フランス自然主義作家,ことにゴンクール兄弟の影響を受け,『雄』 Un mâle (1881) ,『リュパール夫人』 Madame Lupar (88) など凝った文体で露骨な描写をしたが,次第に穏やかな描写美へ向い,『森の涼しいただなかで』 Au cœur frais de la forêt (1900) ,『風車のなかの風』 Le Vent dans les moulins (01) などのほか,子供のための短編小説や,美術評論『生の画家たち』 Les Peintres de vie (1888) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルモニエ
るもにえ
Camille Lemonnier
(1844―1913)

ベルギーのフランス語作家。ブリュッセル近郊に生まれ、ベルギーとパリで活動した。若くして美術批評を書き始める一方、小説の執筆に入り、1880年には『雄(おす)』Un mleを『ヨーロッパ』紙に連載、フランドルの自然を舞台に森の密猟者と農場の娘の恋を荒々しいが精緻(せいち)な筆で描き、自然主義的傾向を示した。また翌年『若きベルギー』誌の創刊の中心となり、83年には、官選審査員が5年期文学賞を『雄』に与えなかったことに対しベルギー新文学の旗手たちが激しい非難を浴びせ、同国文学の転換点の象徴的な事件となった。ほかに小説『アップ・シェール』(1886)。クールベやフェリシアン・ロップスFlicien Rops(1833―98)を論じた美術批評も残した。[遠山博雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルモニエの関連キーワードブリュッセル条約ブラッセルブリュッセル公園ブラッセルズキリストのブリュッセル入城ブリュッセル王立天文台ブリュッセル音楽院ブリュッセル協約ブリュッセル条約機構ブリュッセル船荷証券条約

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルモニエの関連情報