コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルリタマアザミ Echinops ritro; small globe thistle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルリタマアザミ
Echinops ritro; small globe thistle

キク科エキノプス属の多年草東ヨーロッパから西アジアにかけて自生する。葉は羽状に深裂し,鋸歯縁でとげがある。茎は中間ぐらいのところで分枝し,茎頂に直径3~5cmの球形頭状花をつける。花色は淡青紫色または白色。草丈は 70~120cmになる。切り花や花壇用に栽培されるほか,ドライフラワーにもなるが花色は残らない。5~6月頃種子をまく。耐寒性が強く,日当りと水はけのよい場所に適する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ルリタマアザミ

地中海沿岸地方〜西アジア原産のキク科の多年草。高さ1m内外,葉はアザミ類に似,互生して羽状に深裂し,葉裏には細い白綿毛を密生。7〜9月,枝先に径4〜5cmの球状で青色の頭花を開く。頭花は筒状花のみからなる。弱アルカリ土を好む。昭和初期に日本に渡来。花壇植,切花,あるいはドライフラワーとして観賞される。
→関連項目ヒゴタイ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のルリタマアザミの言及

【ヒゴタイ】より

…ヒゴタイ属Echinops(英名globe thistle)は地中海沿岸から西アジアに多くの種が分化し,約120種が知られている。観賞用にルリタマアザミE.ritro L.がよく栽培されている。これは耐寒性のある宿根草で,茎は高さ1mほど,まばらに分枝し,アザミに似た羽状全裂の葉を互生する。…

※「ルリタマアザミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ルリタマアザミの関連キーワード平江帯

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android