コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルワンダ人 ルワンダじんRwanda; Ruanda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルワンダ人
ルワンダじん
Rwanda; Ruanda

ルワンダ共和国を構成するバンツー語系諸族の総称。歴史的に対立しているがルンディ人と関係が深い。二つの主要民族集団すなわちフツ人ツチ人に分れ,さらに第3のグループとして,狩猟民のツワ族がいる。ツチはもっぱら畜産物に依存して生活し,フツはとうもろこし,バナナ,豆類,芋類を栽培する。ツチ,フツ,ツワは本質的に同じ親族組織をもち,系譜は父系をたどる。伝統的に一夫多妻婚がみられた。ツチとフツ間の通婚はみられるが,この両者とツワ間の通婚はまれである。フツとツチは伝統的に最高創造神イマナを信仰していた。イマナという言葉はまた善の力,すなわち多産豊穣,繁栄,喜び,平和をもたらす力を意味した。他の精霊や祖先との交感は,霊媒によって行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルワンダ人の関連キーワードルワンダ大虐殺ルワンダ岩石崇拝ウガンダチガ族

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android