交感(読み)こうかん

精選版 日本国語大辞典「交感」の解説

こう‐かん カウ‥【交感】

〘名〙
① 互いに感じ合うこと。
(イ) 人と人とが感じ合うこと。気持が通じ合うこと。
※明六雑誌‐二〇号(1874)新聞紙論〈津田真道〉「宜なり男女交感の事尤多きや」
() 物事が互いに反応し合うこと。
地蔵菩薩霊験記(16C後)乙「雨雨天地交感(コウカン)してあれば風雨時に従ふなり」
② 交尾すること。
※心学奥の(1822)上「たとへば唐犬を和犬と交感(コウカン)(〈注〉ツルム)すれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「交感」の解説

【交感】こう(かう)かん

感じあう。宋・轍〔南郊賀表〕感し、澤旁なり(あまねし)。

通「交」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android