ルースベン事件(読み)ルースベンじけん(英語表記)Raid of Ruthven

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルースベン事件
ルースベンじけん
Raid of Ruthven

1581年8月,スコットランドで起った国王誘拐事件。少年王ジェームズ6世 (イングランド王としては1世) はレノックス公 (初代) やアラン伯 (ジェームズ・スチュアート) らカトリック教徒貴族の支配下にあり,彼らが前女王メアリー・スチュアートの復位を策しているのを見て,新教徒で親イングランド派の2代マー (伯) ガウリー (伯) らは,王をインバーネスにあるガウリー伯の居城ルースベン城に拉致,一挙に政権を奪った。そのためレノックス公はフランスに亡命し,アラン伯ものちにイングランドに逃れ,新教派が権力を握ったが,83年6月王はセントアンドルーズに逃れ,フランスの武力援助を得て形勢を逆転し,アラン伯が復権するとともにガウリー伯は逮捕,処刑され,ほかは逃亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android