コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝釈山脈 タイシャクサンミャク

デジタル大辞泉の解説

たいしゃく‐さんみゃく【帝釈山脈】

栃木県北西部と福島県南西部の県境を走る褶曲(しゅうきょく)山地。那須火山帯と並走し、男鹿岳(標高1777メートル)・荒海山(標高1581メートル)・帝釈山・黒岩山(標高2163メートル)などが東西に連なる。山嶺線は太平洋側と日本海側の分水界となっている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の帝釈山脈の言及

【帝釈山地】より

…関東地方の北部を限り,福島県会津地方との境界をなす山地。帝釈山脈ともいう。北東から南西へ男鹿(おじか)岳,荒海(あらかい)山,安ヶ森山,田代山,帝釈山,黒岩山など,山頂部になだらかな平たん面をもつ標高1500~2000mの山々が連なる。…

※「帝釈山脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帝釈山脈の関連キーワード帝釈山地山地褶曲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android