コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿賀川 あががわ

4件 の用語解説(阿賀川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿賀川
あががわ

福島県会津盆地を流れる川。新潟県に入って阿賀野川となり,日本海に注ぐ。大川を合せた日橋川只見川との合流点から下流,福島・新潟両県の県境までを呼ぶ。また上流の大川を阿賀川と呼ぶこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あが‐がわ〔‐がは〕【阿賀川】

福島県西部を流れる川。栃木県との県境にある荒海山(標高1581メートル)に源を発し、会津盆地日橋(にっぱし)川と合流。長さ123キロ。尾瀬に源を発する只見川と合流して阿賀野川となり日本海に注ぐ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県(新潟県)〕阿賀川(あががわ)


阿賀野川(あがのがわ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿賀川
あががわ

阿賀野(あがの)川水系の本流は福島県内では阿賀川とよばれる。新潟県に入って阿賀野川となり、日本海に注ぐまで延長210キロメートルのうち、阿賀川は123キロメートル。阿賀野川の流域面積の約80%を福島県が占める。県内では会津地方唯一の排水河川であるが、流域の一部は郡山(こおりやま)市、岩瀬郡にまたがる。大川(阿賀川本川)、日橋(にっぱし)川、只見(ただみ)川など、会津各地を結ぶ重要な水系網をもつ。[中村嘉男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の阿賀川の言及

【会津盆地】より

…北部と南部は山麓線が複雑で,盆地の陥没性を物語っている。南会津の山岳地帯を流下した阿賀川(大川)は,盆地南東隅より大型のゆるい扇状地をつくって北流し,これに並行する湯川や鶴沼川,東方の猪苗代湖から流出する日橋(につぱし)川,盆地北部からの大塩川,田付川,濁川などの水を集め,会津坂下(ばんげ)町北西部でみごとな穿入(下刻)曲流地形を形成して流下する。これらの河川により盆地は未固結の堆積物で厚くおおわれ,阿賀川と日橋川の合流点付近では沖積層の厚さが100m以上と推定されている。…

【阿賀野川】より

…幹川流路延長210km,全流域面積7710km2。河川法では福島県南部にある帝釈山地の荒海山(1580m)に発する源から新潟市で日本海に注ぐまでを阿賀野川というが,一般的には福島県内の上流部を大川,日橋(につぱし)川との合流点から新潟県境までを阿賀川,新潟県に入ってからを阿賀野川という。荒海山に源を発する大川は北流して会津盆地に至り,猪苗代湖に発した日橋川を合わせて阿賀川となり,西流して喜多方市山科で越後山脈に入る。…

【北会津[村]】より

…人口7652(1995)。会津盆地南部に位置し,東境を阿賀川(大川),西境を宮川(鶴沼川)が流れる。両河川の緩やかな扇状地面に全村域が含まれ,古くから阿賀川のはんらんに悩まされてきた。…

※「阿賀川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿賀川の関連キーワード足羽川板取川烏川大聖寺川只見川日野川留萌川茨城県常陸大宮市鷲子下田〈村〉小瀬川

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿賀川の関連情報