コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿賀川 あががわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿賀川
あががわ

福島県会津盆地を流れる川。新潟県に入って阿賀野川となり,日本海に注ぐ。大川を合せた日橋川只見川との合流点から下流,福島・新潟両県の県境までを呼ぶ。また上流の大川を阿賀川と呼ぶこともある。全長 30km。江戸時代には会津米の輸送路として重視され,このため享保年間 (1716~36) に急流部に通舟水路の開削も行われた。銚子ノ口などの渓流美に恵まれ,現在は只見柳津県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿賀川
あががわ

阿賀野(あがの)川水系の本流は福島県内では阿賀川とよばれる。新潟県に入って阿賀野川となり、日本海に注ぐまで延長210キロメートルのうち、阿賀川は123キロメートル。阿賀野川の流域面積の約80%を福島県が占める。県内では会津地方唯一の排水河川であるが、流域の一部は郡山(こおりやま)市、岩瀬郡にまたがる。大川(阿賀川本川)、日橋(にっぱし)川、只見(ただみ)川など、会津各地を結ぶ重要な水系網をもつ。[中村嘉男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の阿賀川の言及

【会津盆地】より

…北部と南部は山麓線が複雑で,盆地の陥没性を物語っている。南会津の山岳地帯を流下した阿賀川(大川)は,盆地南東隅より大型のゆるい扇状地をつくって北流し,これに並行する湯川や鶴沼川,東方の猪苗代湖から流出する日橋(につぱし)川,盆地北部からの大塩川,田付川,濁川などの水を集め,会津坂下(ばんげ)町北西部でみごとな穿入(下刻)曲流地形を形成して流下する。これらの河川により盆地は未固結の堆積物で厚くおおわれ,阿賀川と日橋川の合流点付近では沖積層の厚さが100m以上と推定されている。…

【阿賀野川】より

…幹川流路延長210km,全流域面積7710km2。河川法では福島県南部にある帝釈山地の荒海山(1580m)に発する源から新潟市で日本海に注ぐまでを阿賀野川というが,一般的には福島県内の上流部を大川,日橋(につぱし)川との合流点から新潟県境までを阿賀川,新潟県に入ってからを阿賀野川という。荒海山に源を発する大川は北流して会津盆地に至り,猪苗代湖に発した日橋川を合わせて阿賀川となり,西流して喜多方市山科で越後山脈に入る。…

【北会津[村]】より

…人口7652(1995)。会津盆地南部に位置し,東境を阿賀川(大川),西境を宮川(鶴沼川)が流れる。両河川の緩やかな扇状地面に全村域が含まれ,古くから阿賀川のはんらんに悩まされてきた。…

※「阿賀川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿賀川の関連キーワード会津美里町せせらぎ公園オートキャンプ場福島県南会津郡南会津町会津本郷[町]会津坂下[町]大川(福島県)会津若松(市)西会津[町]北会津[村]西会津(町)喜多方[市]田島[町]塩川[町]古屋敷遺跡下郷(町)湯川[村]下郷[町]高郷[村]湯野上温泉山都[町]開当男山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android