コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーラン夫人の肖像

1件 の用語解説(ルーラン夫人の肖像の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ルーラン夫人の肖像

オランダの画家フィンセント・ファン・ゴッホの絵画(1889)。原題《Augustine Roulin (La Berceuse)》。『子守歌』の邦題もある。アルルで近所に住んでいたルーラン一家の夫人を描いた作品。オッテルロー、クレラー・ミュラー美術館所蔵。ほかに同じ主題の作品が5点ある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルーラン夫人の肖像の関連キーワードアルルの寝室アルルの部屋糸杉のある道カラスのいる麦畑ガシェ博士の肖像黄色い家ゴッホの寝室タンギー爺さん夜のカフェ夜のカフェテラス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone