コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子守歌 こもりうたlullaby; cradle song

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子守歌
こもりうた
lullaby; cradle song

子供を眠りに誘うためにう歌。多くは静かな,なごやかな曲で,揺り籠の動きを思わせるようなリズムが特徴的。民謡として歌い継がれてきたものや,それらの旋律をもとに作曲家によって作曲されたもの,また,まったく新しく作曲されたものなどがある。なお,このような曲の特色をそなえた器楽曲が同様の名称をもつことがある。歌詞は (1) 歌謡,(2) 呼び売り声,(3) なぞなぞ,(4) 格言,(5) 儀式の言葉,(6) 宗教的,反宗教的主張,(7) 歴史上の人物に関する歌,(8) 最近の詩人の作品,(9) 遊戯に使う言葉,(10) 数え歌,などを材料としている。日本では子供の将来を予祝的に歌うことが多く,子守娘自身の生活を歌詞としたものもみられ,替え歌や即興歌も多い。郷土色は他の民謡に比して薄く,曲は単調な繰返しが多い。和讃の影響がみられ,『五木の子守歌』『島原の子守歌』『江戸子守唄』などが知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こもり‐うた【子守歌/子守唄】

子供をあやしたり、寝かしつけたりするためにうたう歌。また、それをもとにした歌曲や器楽曲。日本では、子守女が自分の境遇を嘆いたり、望郷の思いを述べたりする内容のものが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

子守歌【こもりうた】

子守歌は世界各地にみうけられ,民間伝承のもの,作曲されたもの(かつてモーツァルト作とされていたB.フリースの曲,シューベルトブラームスの曲)がある。子守の形態(ゆりかご,抱く,背負うなど)によって音楽的特色は異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こもりうた【子守歌】

幼児の守りをするときにうたわれる歌。子どもを眠らせたりあやしたりするときにうたうのは人類に共通の行動の一つであるが,その表現法は詳細にみれば文化によって多様であり,その機能,歌う人の立場,歌詞の内容などによっていくつかのタイプに分けられる。さらに伝統的な民謡の一種としての子守歌と,新たに創作されたものとがあるが,ここでは前者を中心に述べる。 日本では江戸時代の子守歌に,(1)〈寝させ歌〉(ねんねのおもりはどこへいた……),(2)〈目さめ歌〉(お月さま幾つ……),(3)〈遊ばせ歌〉(うさぎうさぎ,なにょ見てはねる……)の3種が数えられていた(行智《童謡集》1820ころ)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子守歌
こもりうた
lullabycradle song英語
WiegenliedSchlummerliedドイツ語
berceuseフランス語
ninna-nannaイタリア語
arrulloスペイン語

乳幼児の守(も)りをしたり眠らせるときの歌。乳幼児にとって子守歌は、物心つかないうちから音声と肉体的刺激によって、音楽・文芸・身体運動などの文化的に規定されたパターンを受け入れる重要な事象である。まず第一に、母親や他の子守役(雇われた人など)が、腕・膝(ひざ)・背に抱いたり(負ったり)、揺り籠(かご)に入れて揺らす動きそのものが、それぞれの歌のリズムのあり方をある程度決定する。西洋の子守歌に3拍子が存在するのは、揺り籠を利用することと無関係ではない。歌詞として含まれることが多いのは、「ねんね」「眠れ」の類のことばで、これらは冒頭・くぎり・終止の部分で反復されて、歌の全体に統一感を与えている。歌い込まれる歌詞内容としては、たわいなく子供をあやすことばや、音節の反復、眠りに誘うための甘言やほめことば、逆に恐ろしい懲らしめのことばである。脅しや恨みが述べられる例は日本に多い。またオセアニアでは、村の歴史的な事件や家系をたどる史譚(したん)子守歌が広く分布している。その場合、歌詞は子供に聞かせるというよりも、無文字社会の大人が歴史を記録する意味合いが強く、一定の音型ないし旋律型を長時間反復することによって子供を眠りに誘う場がつくりあげられている。
 欧米では、民謡から編曲したり、新たに作曲した子守歌が歌曲あるいは器楽曲として残されている。たとえば、モーツァルト(実際にはB・フリース作曲)、シューベルト、ブラームスの歌曲が有名であるし、ショパン、フォーレがピアノ曲をつくっている。[山口 修]

日本の子守歌

日本民謡においては、乳飲み子を子守するおりの仕事唄(うた)の一つに分類される。子守仕事は、赤ん坊を寝かせるためと、あやすための二つに大別され、唄のほうも「眠らせ唄」と「遊ばせ唄」の二つに分けることができる。「眠らせ唄」は、ことばが通じるか通じないかの相手に安心感を与えるべく歌うため、「ねんねんよう」といったことばに多少の抑揚を加えたものが本来の形であり、今日も広く歌われている『江戸子守唄』(ねんねんころりよおころりよ、坊やのお守はどこへ行った、あの山越えて里へ行った、里の土産(みやげ)に何もろた、デンデン太鼓に笙(しょう)の笛……)が日本中に広まったのは江戸時代に入ってからのことである。一方「遊ばせ唄」は、子供を楽しく遊ばせるためのものだけに、七五調を繰り返して、それを必要なだけ続け、そこに歌い手である子守の目に映るものを並べてゆく形が多い。そのため、「眠らせ唄」に比べると曲は抑揚が大きく、歌詞に出てくるものにも動きがある。
 これら赤ん坊の身内の人が歌うものと別に、子守奉公に雇われた少女が、労働としての子守で歌ってきたものがある。この種のものは、いずれも子守の出身地の農作業唄か酒盛唄を借用し、歌詞だけが子守女の創作である。歌詞の創作に2種の傾向があり、一つは福岡県の『博多(はかた)子守唄』(うちの御寮(ごりょん)さんながらがら柿(がき)よ、見かけよけれど渋ござる)に代表される、子守が居直って雇い主の悪口を歌うもの。もう一つは熊本県の『五木(いつき)の子守唄』(おどま勧進(かんじん)勧進あん人達(たち)よか衆(し)、よか衆よか帯よか着物(きもん))のように、子守女が境遇を嘆くことでわが身を慰めるものである。そしてこの子守奉公の唄と「眠らせ唄」が、日本の子守歌のなかで今日も人気がある。[竹内 勉]
『松永伍一著『日本の子守唄』新装版(1978・紀伊國屋書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

子守歌の関連キーワードショパン:子守歌 変ニ長調/piano soloモンポウ:歌と踊り 第3番/piano soloドビュッシー:子供の領分/piano soloゴダール(Benjamin Godard)ヘイリー(Arthur Hailey)ジョージ・アルバート シアリングゴールド・ディガース36年G. マルティネス・シエラマルティネス・シエラルーラン夫人の肖像ねんねんころりクラウディウスクリス コナーマザーグースウォツェック東海林 太郎一文字 辰也森内美由紀五木[村]北川めぐみ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子守歌の関連情報