コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーレ川 ルーレがわLuleälven

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルーレ川
るーれがわ
Lule lv

スカンジナビア山脈に源を発し、スウェーデン北部を南東流してボスニア湾に注ぐ川。流域面積2万5250平方キロメートル、長さ450キロメートル。貯水量59億トンのスオルバ・ダムをはじめ、水力発電に効率的に利用されている。ルーレ川の年間発電量は約1万4000ギガワット時で同国最大である。[田口雄作]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android