コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・ロック・ド・セール Le‐Roc‐de‐Sers

世界大百科事典 第2版の解説

ル・ロック・ド・セール【Le‐Roc‐de‐Sers】

フランス南西部,シャラントCharente県にある後期旧石器時代の遺跡。アングレームの南東約15kmに位置する。1927‐29年にマルタンH.Martinが発掘を行った。〈アトリエ〉と名づけられる広場は,深い谷の斜面に位置し,切石で背後を画された矩形を呈している。発掘の結果,旧石器時代人が火をたき,それを囲んで道具を製作したことが明らかになった。この〈アトリエ〉をとりまく石灰岩の切石に,フリーズのように種々の動物像が浮彫されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のル・ロック・ド・セールの言及

【先史美術】より

…オーリニャック期のものとしてはローセルの数点の女性裸像があり,これは乳房,腹,臀が著しく強調されて,出産の呪術に関連すると考えられる。ソリュートレ期はル・ロック・ド・セールの,圧倒的な量感を示す諸動物の浮彫があり,その大部分は身重の雌である。マドレーヌ期にはカプ・ブランCap Blancの馬のフリーズのほか,若干の岩陰に女性裸像などがあらわされる。…

※「ル・ロック・ド・セール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android