レオ シロタ(英語表記)Leo Sirota

20世紀西洋人名事典の解説


1885.5.4 - 1965.2.25
ソ連(ロシア),日本,米国のピアノ奏者。
元・セント・ルイス音楽院教授。
キエフ生まれ。
5歳でパデレウスキーの弟子となり、ベテルブルグ音楽院及び大学で学び、さらにウィーンブゾーニに学ぶ。独奏者として活躍。1928年に初来日し、’29年再び来日して、以後演奏活動と共に、’31年から東京音楽学校で教鞭をとった。門下生に永井進、豊増昇らがおり、日本の多くのピアニストを育成した。またヴェルクマイスターと共に室内学を広めた。第二次大戦の終戦直後に米国に移住しセント・ルイス音楽院教授となり、ニューヨークで死んだ。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android