コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井進 ながい すすむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井進 ながい-すすむ

1911-1974 昭和時代のピアニスト,教育者。
明治44年3月25日生まれ。レオ=シロタらに師事し,昭和16年ローゼンストック指揮の新交響楽団(現NHK交響楽団)と共演してデビュー。19年母校東京音楽学校(現東京芸大)教授。日本ショパン協会初代副会長。門下に松浦豊明(とよあき)らがいる。昭和49年2月5日死去。62歳。東京出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永井進の関連キーワード小林道夫(1)ミクロボディレオ シロタ青山 三郎郵便貯金昭和時代生物

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永井進の関連情報