コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオンチエフの逆説 レオンチエフのぎゃくせつ

1件 の用語解説(レオンチエフの逆説の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

レオンチエフの逆説【レオンチエフのぎゃくせつ】

貿易理論においてヘクシャー=オリーン命題に対して,アメリカの経済学者W.レオンチエフが提起した逆説。アメリカのような資本に恵まれた国が,国際経済学の通念に反して労働集約財を輸出し,資本集約財を輸入していることを示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のレオンチエフの逆説の言及

【貿易理論】より

…この研究が対象とした第2次大戦直後の時期において,アメリカは他の国々に比べて資本豊富であると信じられていた。レオンチエフの実証結果はそうした固定観念が誤りであるか,さもなければ要素賦存説の主張が妥当しないことを意味するものであり,〈レオンチエフの逆説〉と呼ばれている。そもそも,要素賦存説そのものはいくつかのきわめて限定的な条件のもとで,すなわち内外の需要条件,生産技術の同一性,各部門の生産関数の一次同次性(規模に関する収穫不変性),要素集約度(労働/資本の投入比率),ランキングの非逆転性,さらには生産要素の国際的不移動性などの条件のもとで導かれたものである。…

※「レオンチエフの逆説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レオンチエフの逆説の関連キーワードイリーンヨークシャーシャージャハーンマリクシャーヨークシャーテリア理論家シャーベットトーンエアリー関数非貿易的関心事項(NTC)セオリープレー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone