コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際経済学 こくさいけいざいがく international economics

3件 の用語解説(国際経済学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際経済学
こくさいけいざいがく
international economics

複数の国民経済にまたがる経済現象を対象とする応用経済学の一分野。経済学において国の相違あるいは国家間の関係が問題になるのは,(1) 労働,土地,資本などの生産要素の移動が国内と比較して限られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいけいざいがく【国際経済学 international economics】

現代では,経済取引は単に国内にとどまらず国境を越えて行われており,国際取引はいかなる経済にとっても不可欠なものである。国際経済学は,このように国際取引すべてを対象とし,国境を越えた取引がなぜ行われ,どのように取引され,またそれぞれの国および個人がどのような影響を受けるかを分析する経済学の一分野である。 国際経済学が国内取引を扱う経済学とどのように異なるかは必ずしも明確でない。たとえば,その差異が生産要素移動の可能性に求められ,労働・資本などの生産要素は国内において自由に移動できるが国際間における移動は費用がかかり不可能であるとみなされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際経済学
こくさいけいざいがく
international economics

国際社会の経済現象を分析対象とする応用経済学の一分野。国際社会の経済現象とは複数の国民経済にまたがる経済取引のことであり、大きく二つに分類することができる。第一は、製品、原料、中間財などの財貨とサービス(旅行者へのサービスや、船舶、保険、銀行、倉庫などのサービス)の取引である。第二は、資本や労働の国際的移動、すなわち外国への資本の貸付や外国からの借入によって生じる金融資産の取引とか、外国への移民や出稼ぎという形で現れる生産要素の移動である。
 これらの取引は国内でも行われるが、国際経済取引は、それがもつ特殊性のために、国内経済取引とは区別される。現代の国際経済取引を特徴づけるもっとも基本的な要因は国家主権の存在である。第一に、各国政府は自国内で税制、保健、工場組織、教育、社会保障、労働組合などを法律的に規制しているが、これらの法律が各国間で異なるということは、生産を行う場としての経済環境が異なることを意味する。第二に、各国政府は、国際資本移動、移民、対外送金、外国為替(かわせ)取引に対してもさまざまな規制や奨励を行っており、国内では資本や労働の移動が自由であるのに対して、国際間ではより困難であるということができる。第三に、各国が独自の通貨単位と通貨制度をもっていることから、国際取引には異なった通貨間の決済(通常は外国為替取引を媒介に行われる)とそれに伴う為替相場変動の問題が付随する。このように国際経済取引の基本的特殊性は、それが国家主権の総体的な調整に強く影響を受けるという点に求められる。そのほか、言語、生活習慣、取引慣習、その他の文化的、社会的諸条件が国によって異なっていることも、国際経済取引に特殊性をもたらす要因となる。
 このような特殊性のもとで、財貨やサービスの取引、すなわち貿易が行われる場合、その量(規模)の増大は所得と価格に依存する。また貿易構造(輸出入の商品別構成)の変化は生産要素の量や技術進歩さらに政策のあり方にも左右され、貿易の規模の増大とともに国内経済構造に変動を引き起こし、その国民経済の生産力を高めるのである。すなわち、貿易の量的、質的変化は各国民経済の生産力に影響を与えるのと同時に、各国民経済の相互依存関係を深める効果をもつ。
 現在の国際経済においては、この相互依存関係がかつてないほど深まってきており、経済問題を国際的次元で解決することが必要になっている。相互依存の国際社会では、各国は国内の重要な経済問題を単に自国だけの問題としてではなく、国際経済全体の問題として理解しなければならない。国際経済学の課題は、国際経済取引と国内経済との関係を巨視的、微視的に分析することを通じて、その理解の基礎となるような枠組みを用意することである。[村上 敦]
『小宮隆太郎・天野明弘著『国際経済学』(1972・岩波書店) ▽相原光・土屋六郎編『国際経済学入門』(1976・有斐閣) ▽小島清著『応用国際経済学――自由貿易体制テキスト』(1992・文真堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国際経済学の言及

【貿易理論】より

…これに対して,国際収支の均衡がいかにして達成されるかは,国際経済理論のもう一つの分科である国際金融理論の研究課題である。このような貿易理論と金融理論との仕切りはしばしば国際経済学の〈二分法dichotomy〉と呼ばれる。 各国の経常収支の均衡は,その国の総支出額,すなわちすべての財・サービスに対する支出額の総和が国民可処分所得(国民総生産と外国からの純移転受取りとの合計)に等しくなることを意味する。…

※「国際経済学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国際経済学の関連キーワード国家主義普通取引現物取引単に反撃国内取引差金決済取引水も溜まらず当日決済取引

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際経済学の関連情報