コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レセプツム責任 レセプツムせきにん receptum

1件 の用語解説(レセプツム責任の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レセプツム責任
レセプツムせきにん
receptum

運送人または旅店の主人は,荷送人や客から受取った運送品や携帯品につき,レセプツム (受領) という事実が証明されれば絶対にこれを返還すべき義務があり,不可抗力によったとしてもその滅失,毀損についてその責任を免れえないという結果責任

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のレセプツム責任の言及

【運送人】より

…この責任は,荷送人および荷受人に対するものであるが,貨物引換証が発行されているときは,証券の所持人に対して負うことになる。この責任は,沿革的には,ローマ法以来海陸の運送人や旅館の主人が負わされていたレセプツム責任(不可抗力の証明のないかぎり責任を免れないこと)に対する緩和としての意味をもっていたが,今日では民法の債務不履行についても同様に解されているので,商法のこの責任規定は,単なる注意規定と解されている。また,大量の商品を頻繁に運送する業務に従事する運送人の保護と法律関係の画一的処理のために,賠償額は定型化されており(580条),貨幣・有価証券その他の高価品については,荷送人が運送を委託するに当たりその種類および価額を明告しなければ,運送人は損害賠償の責任を負わない(578条)。…

【不可抗力】より

…たとえば,(1)金銭債務以外の債務の不履行においては,債務者は不可抗力を理由として債務不履行責任を免れることができる(民法419条2項)。また,(2)〈旅店,飲食店,浴場その他客の来集を目的とする場屋(じようおく)の主人〉は,客から寄託を受けた物品の滅失または毀損につき故意・過失がなくても責任を負う(これは前記のレセプツム責任に由来する)が,この場合でも,滅失・毀損が不可抗力によって生じた場合には,責任を免れる(商法594条)。無過失責任を定めた各種の特別法中には,損害の発生に関して不可抗力が競合した場合には,裁判所は損害賠償の責任および範囲を定めるにつき,これを斟酌することができる旨の規定がおかれている(鉱業法113条,大気汚染防止法25条の3,水質汚濁防止法20条の2)。…

※「レセプツム責任」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レセプツム責任の関連キーワード運送状運送取扱人運送人送り状貨物引換証公共運送人相次運送船荷証券保証渡し荷送り人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone