滅失(読み)めっしつ

精選版 日本国語大辞典「滅失」の解説

めっ‐しつ【滅失】

〘名〙
① ほろびうせること。なくなること。〔書言字考節用集(1717)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「交易するもの、速に滅して」
② 法律で、物品家屋などが経済的な効用を失う程度に破壊されたり、失われたりすること。
民事訴訟法(明治二三年)(1890)七七七条「盗取せられ又は紛失若くは滅失したる手形其他商法に無効と為し得べきことを定めたる証書の」

ほろび‐う・せる【滅失】

〘他サ下一〙 ほろびう・す 〘他サ下二〙 ほろびてなくなる。滅亡する。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)八「其の国当に敗亡(ホロヒウセ)なむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「滅失」の解説

めっ‐しつ【滅失】

[名](スル)
ほろんでなくなること。「火災で堂宇滅失する」
法律で、災害によるか人の行為によるかを問わず、物がその物としての物理的存在を失うこと。
[類語]失う遺失散逸流失消失消滅消散忘失雲散霧散雲散霧消離散四散飛散立ち消え消える失せる散る失する無くなる無くす無くする無くなす喪失する亡失する紛失する落とす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例