コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滅失 メッシツ

デジタル大辞泉の解説

めっ‐しつ【滅失】

[名](スル)
ほろんでなくなること。「火災で堂宇が滅失する」
法律で、災害によるか人の行為によるかを問わず、物がその物としての物理的存在をうこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めっしつ【滅失】

( 名 ) スル
ほろびてなくなること。 「効用が-する」
〘法〙 火事・地震・取り壊しなど外的な力により、建物がなくなること。また、消滅したり所在がわからなくなって物がなくなってしまうこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

滅失の関連キーワード電気事業及び石炭鉱業における争議行為の方法の規制に関する法律罹災都市借地借家臨時処理法サイバーセキュリティー住宅性能保証責任保険船主責任制限条約金銭消費貸借契約クローズド期間一般定期借地権(契約の)失効レセプツム責任対物賠償保険器物損壊等罪人工衛星保険賠償責任保険固定資本減耗全損のみ担保コンテナ保険災害救助法器物損壊罪代償請求権

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

滅失の関連情報