レゼジー・ド・タヤック(読み)れぜじーどたやっく(英語表記)Les Eyzies-de-Tayac

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランス南西部、ドルドーニュ県の小村で、クロマニョン人をはじめとする多くの化石人骨の発見地として知られる。正式には、レゼジー・ド・タヤック・シルイユLes Eyzies-de-Tayac-Sireuilという。人口909(1999)。ベゼール川の河畔に位置し、付近の谷沿いの石灰岩洞窟(どうくつ)から多くの化石人骨が発見された。クロマニョン洞(1868発見)のほか、ル・ムスティエ(1863)、ラ・マドレーヌ(1901)、フォン・ド・ゴーム(1901)、コンバレル(1901)などの洞窟がある。

[青木伸好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android