レックス・サクロルム(英語表記)rex sacrorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レックス・サクロルム
rex sacrorum

古代ローマの祭王。王政が廃止された際,王の祭司的職能は祭司に委譲され,これをレックス・サクロルムと呼んだ。ローマの歴史家リウィウスは供犠王 rex sacrificolusと記している。祭王は大神官 pontifex maximusの下位にあったが,他のすべての祭司よりは上位にあった。正嫡の結婚より出生したパトリキ (貴族) が祭王になることができ,他の官職に就任せず,終身制であった。祭王の妻はレギナ reginaと呼ばれ,ある種の祭儀にたずさわった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android