コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レトロフォーカス れとろふおおかす,れとろふぉーかす

1件 の用語解説(レトロフォーカスの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

レトロフォーカス

 広角レンズで前群に凹レンズ系を配置して、ちょうど望遠レンズと逆のレンズ構成にしたものを言う。このために「逆望遠」とも呼ばれるが、レトロフォーカスは最初に開発したフランスのアンジェニュー社の商標である。このレトロフォーカスタイプの広角レンズは バックフォーカス (レンズ後面から焦点面までの距離)を長くすることができるため、一眼レフミラーにぶつからずに装着ができる。現在の一眼レフ用の広角レンズはすべてこのレトロフォーカス設計になっている。レトロフォーカスの特徴としては周辺光量が多いこともあげられる。ただし、歪曲収差 は 対称型レンズ の広角レンズにはやや劣る。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

レトロフォーカスの関連キーワード広角レンズ色消しレンズ凹レンズ写真レンズ平凹レンズ両凹レンズ超広角レンズ発散レンズレトロフォーカスレンズワイドアングルレンズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone