コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レフィスゾーン Levyssohn, Joseph Henry

2件 の用語解説(レフィスゾーンの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

レフィスゾーン Levyssohn, Joseph Henry

1800?-1883 オランダ商館長。
弘化(こうか)2年(1845)から5年間長崎出島の商館の責任者として,長崎に来航したフランス艦隊との交渉,漂着したアメリカ捕鯨船員たちの通訳,世話などにあたる。帰国後,1852年「日本雑纂」をあらわした。1883年3月4日死去。83歳? ハーグ出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

レフィスゾーン

没年:1883.3.4(1883.3.4)
生年:1800頃
幕末のオランダ商館長。ハーグ生まれ。1825年以降東インドに勤務,開国前夜の弘化2(1845)年から嘉永3(1850)年,出島商館長を務めた。フランス艦隊(1846),米国軍艦来航(1849)の際の通訳や斡旋,難破した米,英捕鯨船員の世話,送還に尽力,嘉永3年にはオランダ人最後の江戸参府を行った。帰国後,出版(1852)した『日本雑纂』は,アメリカの対日政策を示す公文書類,開国に対する各国の新聞論説などを収録。まもなく日本でも阿蘭陀通詞により抄訳され,『列遜ヤッパン紀事』他の名称で伝写,有識者間にかなりの流布をみた。勝海舟『開国起原』の冒頭「米国政府の決議」も同書の抄出である。<参考文献>勝海舟『開国起原Ⅰ』(勝海舟全集1巻),沼田次郎「開国への一寄与―レフェイスソーンの『日本雑纂』に就いて―」(『日本歴史』63号)

(鳥井裕美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レフィスゾーンの関連キーワードオランダ商館海牙オランダ下りオランダ風説書アルマンスカンファイスティツィングデュールコープブロンホフヘンミ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone