コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レモンの原理 レモンノゲンリ

1件 の用語解説(レモンの原理の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

レモン‐の‐げんり【レモンの原理】

情報の非対称性が市場に及ぼす影響について論じたミクロ経済学の理論。中古車市場で、外見からはわからない欠陥車(レモン)と優良車(ピーチ)が混在していると、買い手が高い金額で欠陥車を買うことを恐れ、欠陥車に相当する金額しか払わなくなるため、市場に優良車を出す売り手がいなくなる。売り手・買い手の情報格差が原因で、質の悪い商品しか市場に出回らなくなる「逆選択」が起きるという理論。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レモンの原理の関連キーワード情報の非対称性及ぼす価格効果ゲル効果(重合)相乗効果(物理学)地平面効果脈拍指数和の法則(コリオリ定数)財務報告の信頼性非対称歩法 (asymmetrical gait)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone