コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レラントスの戦 レラントスのたたかい

世界大百科事典 第2版の解説

レラントスのたたかい【レラントスの戦】

前8世紀末,エウボイアの二大ポリスであるカルキスとエレトリアが,レラントスLēlantos平野の領有を争って起こした戦争。カルキス側にはサモス,エリュトライ,コリントス,スパルタ,テッサリアなどが,エレトリア側にはミレトス,キオス,メガラなどが加勢したことが推定される。この戦いはカルキスの勝利に終わったが,トゥキュディデスによれば,ギリシアを二分して行われた,はじめての陸上における戦争であった。【前沢 伸行】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

レラントスの戦の関連キーワードアルキロコス