コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レラントスの戦 レラントスのたたかい

1件 の用語解説(レラントスの戦の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レラントスのたたかい【レラントスの戦】

前8世紀末,エウボイアの二大ポリスであるカルキスエレトリアが,レラントスLēlantos平野の領有を争って起こした戦争。カルキス側にはサモス,エリュトライ,コリントス,スパルタテッサリアなどが,エレトリア側にはミレトスキオスメガラなどが加勢したことが推定される。この戦いはカルキスの勝利に終わったが,トゥキュディデスによれば,ギリシアを二分して行われた,はじめての陸上における戦争であった。【前沢 伸行】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レラントスの戦の関連キーワードエウボイア島エビア島サボイア家ボイアルドポリス源平時代エウポリエボイオティアハドリアノポリスヒエラポリス

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone