コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーザーレーダ laser radar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーザーレーダ
laser radar

マイクロ波代りレーザーを用いたレーダライダーとも呼ばれる。アポロ計画で月と地球の間の距離の測定に用いられた。光散乱を利用して,大気中の汚染粒子の定量的測定とか,電離層におけるナトリウムなどの中性粒子の分布測定にも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レーザーレーダの関連情報