コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光散乱

2件 の用語解説(光散乱の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

光散乱

 レイリー散乱ともいう.外見で無色透明にみえる物質に光が当たったときに,当たった光と同じ振幅数の弱い光が周囲に散乱される現象.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひかりさんらん【光散乱】

光の波長と同じ程度の大きさの粒子に光が当たり,その進行方向を変える現象を光散乱という。光散乱は,光の波長が短いほど著しい。したがって,太陽からの光が,ちりや空気の分子によって散乱されるとき,波長が短い青色の光は赤色の光よりもよく散乱される。空の色が青く見えるのはこのためであるとされている。一方,太陽からの光が大気層にそって入射するとき,厚い空気層を通ってくる間に青や紫の光は大部分散乱され,赤い色を多く含んだ光が目に入ってくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

光散乱の関連キーワード感光チンダル現象乱反射ミー散乱機械分析アイソグラニュラーオングストロームの法則ニュートンの光の理論ラム波リスク値

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光散乱の関連情報