コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光散乱

栄養・生化学辞典の解説

光散乱

 レイリー散乱ともいう.外見で無色透明にみえる物質に光が当たったときに,当たった光と同じ振幅数の弱い光が周囲に散乱される現象.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひかりさんらん【光散乱】

光の波長と同じ程度の大きさの粒子に光が当たり,その進行方向を変える現象を光散乱という。光散乱は,光の波長が短いほど著しい。したがって,太陽からの光が,ちりや空気の分子によって散乱されるとき,波長が短い青色の光は赤色の光よりもよく散乱される。空の色が青く見えるのはこのためであるとされている。一方,太陽からの光が大気層にそって入射するとき,厚い空気層を通ってくる間に青や紫の光は大部分散乱され,赤い色を多く含んだ光が目に入ってくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

光散乱の関連キーワードラマン(Chandrasekhara Venkata Raman)クラマース‐ハイゼンベルクの分散式ランダウ‐プラチェク比オングストロームの公式透光性セラミックスティンダル現象浮遊粒子状物質フローリー温度レーザーレーダ高分子物理学カバンヌ因子すりガラスブリュアンタンパク質光の散乱レーザー分光分析デバイ分子量散光

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光散乱の関連情報