コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーザー核融合炉 レーザーかくゆうごうろ laser fusion reactor

2件 の用語解説(レーザー核融合炉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーザー核融合炉
レーザーかくゆうごうろ
laser fusion reactor

レーザービームを使って慣性核融合を行ない,エネルギーを取り出す炉である。重い物質でできたカプセル (タンパーという) の中に固体状態に冷やした重水素三重水素が入っている。このカプセルを炉の中心に置き,短い強力なパルスレーザーを照射して重水素・三重水素混合物を加熱・圧縮する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レーザー‐かくゆうごうろ〔‐カクユウガフロ〕【レーザー核融合炉】

重水素三重水素とからなる燃料に、レーザー光線を照射して爆発的に圧縮し、超高密度のプラズマを発生させることによって核融合を起こさせようという核融合炉。現在研究が進められている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レーザー核融合炉の関連キーワードガラスレーザー固体レーザールビーレーザーNIFレーザーカッターレーザービームレーザービームプリンターレーザーフォトレーザービューレーザー・ビーム兵器

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レーザー核融合炉の関連情報