コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーザー核融合炉 レーザーかくゆうごうろlaser fusion reactor

2件 の用語解説(レーザー核融合炉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーザー核融合炉
レーザーかくゆうごうろ
laser fusion reactor

レーザービームを使って慣性核融合を行ない,エネルギーを取り出す炉である。重い物質でできたカプセル (タンパーという) の中に固体状態に冷やした重水素三重水素が入っている。このカプセルを炉の中心に置き,短い強力なパルスレーザーを照射して重水素・三重水素混合物を加熱・圧縮する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

レーザー‐かくゆうごうろ〔‐カクユウガフロ〕【レーザー核融合炉】

重水素三重水素とからなる燃料に、レーザー光線を照射して爆発的に圧縮し、超高密度のプラズマを発生させることによって核融合を起こさせようという核融合炉。現在研究が進められている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レーザー核融合炉の関連情報