コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三重水素 さんじゅうすいそtritium

翻訳|tritium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三重水素
さんじゅうすいそ
tritium

水素アイソトープ同位体)の一つで,放射性同位元素トリチウムとも呼ばれる。質量数 3,化学記号Tまたは 。1934年,物理学者アーネスト・ラザフォードらにより発見された。弱いβ線を放射し,半減期は 12.32年。β崩壊して (ヘリウム3)となる。地球上の水素に対して 10-18の割合で存在する。人工的には重水素化合物ベリリウム重陽子で衝撃するか,ヘリウムホウ素などを中性子で衝撃して得られる。半減期が長いのでトレーサーとして有用である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さんじゅうすいそ【三重水素】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三重水素
さんじゅうすいそ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三重水素の言及

【重水素】より

…これらは,ふつうの水素のそれぞれ約2倍,3倍の比重をもつ著しく重い同位体であるから,重水素と呼ばれる。しかし通常はそのうち安定で広く存在する2Hを重水素あるいはジュウテリウムdeuterium(化学記号D)と呼び,不安定な放射性元素で天然に微量しか存在しない3Hは三重水素あるいはトリチウムtritium(化学記号T)と呼んでこれと区別することがある。またこれらに対し,ふつうの水素1Hを軽水素あるいはプロチウムprotiumとも呼ぶ。…

【トリチウム】より

…三重水素ともいう。中性子2個,陽子1個からなる原子核(トリトンtritonまたは三重陽子という)をもつ,質量数3の水素の放射性同位体。…

※「三重水素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三重水素の関連キーワードコッククロフト‐ウォルトンの装置ブースト型核分裂爆弾ITER(イーター)トリトン(原子核)核融合科学研究所レーザー核融合炉水素爆弾(水爆)水素爆弾と核実験ブースティングレーザー核融合慣性閉じ込めローソン条件ブランケットプロチウム放射能汚染放射線育種低温核融合放射式爆縮核融合炉融合兵器

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三重水素の関連情報