コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーナルトの原子模型 レーナルトのげんしもけいLenard's atomic model

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーナルトの原子模型
レーナルトのげんしもけい
Lenard's atomic model

1903年に P.E.A.レーナルトが提唱した原子模型。レーナルトは陰極線の物質による吸収の実験結果から,いろいろな物質の原子の基本的な成分は同じで,含まれている個数が違うだけであると推論し,この基本的な成分をディナミーデンと名づけた。1個の原子そのものの大きさは 10-7~10-8cm で,その中にディナミーデンがばらまかれており,質量は正電荷に集っていると考える。この原子模型は現在ではほとんど知られていないが,ラザフォードの原子模型の先駆的な研究の1つであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レーナルトの原子模型の関連キーワード日露戦争史(年表)ドビュッシーオブレノビチ家フォト・セセッションプラット修正ボストン・レッドソックスマッキム・ミード&ホワイトロシア映画キュリーククルイニクスイ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android