レーニン勲章(読み)れーにんくんしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レーニン勲章
れーにんくんしょう
Орден Ленина Orden Lenina ロシア語

ソ連最高の勲章。ソ連には赤旗勲章、労働赤旗勲章、武功勲章、最高母性勲章など全部で30種に余る勲章があったが、1930年に制定されたレーニン勲章はそのなかで最高のものであった。ソ連の社会主義国家建設のために業績のあった個人および団体にそのつど授与され、その決定はソ連最高会議幹部会が行った。勲章はレーニンの横顔がレリーフされた円形金メダルであった。91年ソ連邦解体に伴って消滅。[梶 龍雄・宮本立江]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android