コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーニー湖 レーニーこRainy Lake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーニー湖
レーニーこ
Rainy Lake

アメリカ合衆国,ミネソタ州とカナダのオンタリオ州との境界にある湖。面積 910km2。 500をこえる島々が点在し,湖岸カナダ楯状地の特徴を示し,複雑で湾が深い。 1688年フランスの探検家 J.ノイオンが到達した。湖からはレーニー川が流出して西方ウッズ湖に注ぎ,沿岸に水力発電所木材工業などが立地。南岸ではパルプの生産が盛ん。付近にはいくつかのインディアン指定居留地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レーニー湖の関連キーワードアメリカ合衆国

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android