コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レービット Löwith, Karl

2件 の用語解説(レービットの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

レービット Löwith, Karl

1897-1973 ドイツの哲学者。
1897年1月9日生まれ。ハイデッガー,フッサールにまなび,マールブルク大講師となる。ナチスユダヤ人迫害からのがれ,昭和11年東北帝大講師となり,哲学とドイツ文学をおしえる。16年アメリカに移住。第二次大戦ハイデルベルク大教授に就任。1973年5月24日死去。76歳。ミュンヘン大卒。著作に「ヘーゲルからニーチェへ」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

レービット【Karl Löwith】

1897~1973) ドイツの哲学者。フッサール・ハイデッガーらの影響をうけ、一九世紀以降のドイツ思想を中心に研究。ナチスに追われ来日、1936~41年東北大講師。著「ヘーゲルからニーチェへ」「人間存在の倫理」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

レービットの関連キーワードポセイドンフィリピン革命あべ静江誠直也バビル2世自動車工業造船業中南米映画扶養義務惑星探査機

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone