コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レービット Löwith, Karl

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

レービット Löwith, Karl

1897-1973 ドイツの哲学者。
1897年1月9日生まれ。ハイデッガー,フッサールにまなび,マールブルク大講師となる。ナチスのユダヤ人迫害からのがれ,昭和11年東北帝大講師となり,哲学とドイツ文学をおしえる。16年アメリカに移住。第二次大戦後ハイデルベルク大教授に就任。1973年5月24日死去。76歳。ミュンヘン大卒。著作に「ヘーゲルからニーチェへ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

レービット【Karl Löwith】

1897~1973) ドイツの哲学者。フッサール・ハイデッガーらの影響をうけ、一九世紀以降のドイツ思想を中心に研究。ナチスに追われ来日、1936~41年東北大講師。著「ヘーゲルからニーチェへ」「人間存在の倫理」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

レービットの関連キーワード産出的自然哲学者倫理

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android