コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイズ船級 ロイズせんきゅうLloyd's class

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイズ船級
ロイズせんきゅう
Lloyd's class

イギリスのロイズ船級協会 Lloyd's Register of Shippingが与えた船級。世界の有力船級協会は,日本海事協会,アメリカン・ビューロー・オブ・シッピング (アメリカ) ,ビューロー・ベリタス (フランス) ,ジャーマン・ロイズ (ドイツ) ,レジストロ・イタリアーノ (イタリア) ,ノルスケ・ベリタス (ノルウェー) などがあるが,ロイズ船級が最も古い歴史をもち,最大規模で信用も厚い。 17世紀頃のロンドンで,E.ロイドの経営する,ロイド・コーヒー店に海事関係業者が集って,保険関係の取引をしていたのが今日のロイズ船級協会の始り (→ロイズ ) といわれるが,正式には 1760年に創立され,1834年改組。世界的に有名な船舶検査機関で,協会の検査員は世界の主要港に配置されている。毎年「ロイズ船名録」を発行,世界中に頒布し,また船舶の構造規則をつくり,船体と機関の検査をして,船舶の等級を定める。その構造規則は,専門学者による技術会議で研究,審議され,改正を重ねており,最も権威のあるものとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロイズ船級の関連キーワード鋼船

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android