コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船級 せんきゅうship's class; classification of ship

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船級
せんきゅう
ship's class; classification of ship

総登簿トン 100t以上の航洋船舶船級協会から与えられる等級。多数の人命と貴重な財産を積込む舶には航行の安全性が特に要求されるが,取引上,船をめぐって船主,荷主,海上保険業者,造船業者らの利害が大きくからむので,あらゆる点で航海に適しているという保証を得るために,外航船はこれらの利害関係者から離れた立場にある船級協会の技術的な検査を受け,船級を取得することがある。船級をもつ船は一定の技術的標準を満たすものとして,国際性をもつ船舶の堪航能力を示し,船舶抵当貸付,海上保険付保,売買・傭船などの海運取引に便宜が与えられている。船級を取得するには,建造開始前にその明細を国際船級協会に提出して承諾を得,その監督下に建造が進められ,試運転ののち合格船に船級証書が与えられる。船級を維持するためには船体と機関部の定期的な検査を受ける必要がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せん‐きゅう〔‐キフ〕【船級】

船級協会によって認定された船の国際的な等級。日本では主に日本海事協会がその等級を証明する。海上保険・売買・貸借などのための基本資料となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

船級【せんきゅう】

海上保険業者,荷主などの利便のため,船級協会が付与する船舶の格付け。船級協会は,船体,艤装(ぎそう),機関について検査し,協会の規格に該当すると認めた船舶に対して船級を与える。
→関連項目商船造船

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんきゅう【船級 ship’s classification】

船の構造や設備あるいは性能が一定の基準にあることを証明するため,船級協会が一定の期間船に与える資格あるいは等級を船級という。船舶は不動産と同様に売買,貸借が行われ,また保険の対象となる。さらに荷主に対しては安心して荷をまかせてもらえることを示す必要がある。これらの場合に,関係する当事者に対して船舶が一定の基準に適合していることを証明するものが船級であって,船級を与えられた船を船級船(クラスボート)と呼ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんきゅう【船級】

船級協会が機関・船体・艤装品などを、一定の規定に基づいて検査し証明する、船舶の資格・等級。保険・売買などのための国際的標準となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船級
せんきゅう

船級協会が協会の規格に合格した船に与える等級。船級を取得するかしないか、またどの船級協会を選ぶかは船主の自由である。日本の商船は大部分が日本海事協会の船級をもっているが、同時に他の船級をもつ船もある。検査は船体、機関、艤装(ぎそう)品によって行い、船級が船級符号によって示される。各国船級協会によって別の符号を用いるが、国際的に認め合っている。船級をもつ船は船級船(クラスボート)とよばれ、保険や売買の際に有利な扱いを受ける。また法規上も、日本では船舶安全法第8条によって、消防、居住、衛生、航海用具の各設備のほかは、管海官庁の検査に合格したものとみなされる。[茂在寅男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

船級の関連キーワード日本海事協会(にっぽんかいじきょうかい)シェルターデッキ船機関室無人化船ロイド船級協会NS クラスAB船級協会造船用鋼材海上運送法ロイズ船級NSクラスNKクラス寺野 精一エーワン自動化船ガレー船船舶検査艤装品海運業耐氷船ABS

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android