コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイヤルパープル royal purple

翻訳|royal purple

色名がわかる辞典の解説

ロイヤルパープル【royal purple】

色名の一つ。ややみがかった深い色のこと。古代ローマ帝政の時代から、高貴と権威の象徴として帝衣などに用いられた。ロイヤルブルーとともにイギリス王室が用いる色でもある。日本でも紫は高貴な色とされ、8世紀に施行された養老令の規定では、臣下の最高位は深紫こきむらさきであった。ただし、嵯峨さが天皇(786~842年)以来、天皇が儀式で着用するほうの色は、淡くみがかった茶色黄櫨染こうろぜんと定められた。そのため日本の「帝衣」は紫ではない。ロイヤルパープルの色名は日本でも布地、衣料品、宝飾品、文房具、携帯電話など、幅広い分野で用いられている。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

ロイヤルパープルの関連キーワードイギリス王室最高位臣下

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android