コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深紫 こきむらさき

色名がわかる辞典の解説

こきむらさき【深紫】

色名の一つ。黒紫とも書き、濃色こきいろともいう。やや暗く濃い色のこと。603年(推古11)に制定された冠位十二階による冠の色で最高位に相当する。臣下が対象であって、天皇皇太子ではないが、これ以降「紫」という色は特別な意味をもつようになる。深紫は高価な紫根しこんによって染色し、濃くなるほど染める回数が増え、多くの紫根を用いたため極めて贅ぜいをつくした色である。また、貴族の未婚女性が身につけるはかまの色でもあった。このことから、明治時代に女子学生用の袴をつくったとき、高貴な色である紫をさけ、海老茶を用いた。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふか‐むらさき【深紫】

濃い紫色。濃紫(こむらさき)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふかむらさき【深紫】

濃い紫色。こむらさき。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

深紫の関連情報