コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深紫 こきむらさき

3件 の用語解説(深紫の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

こきむらさき【深紫】

色名の一つ。黒紫とも書き、濃色こきいろともいう。やや暗く濃い色のこと。603年(推古11)に制定された冠位十二階による冠の色で最高位に相当する。臣下が対象であって、天皇皇太子ではないが、これ以降「紫」という色は特別な意味をもつようになる。深紫は高価な紫根しこんによって染色し、濃くなるほど染める回数が増え、多くの紫根を用いたため極めて贅ぜいをつくした色である。また、貴族の未婚女性が身につけるはかまの色でもあった。このことから、明治時代に女子学生用の袴をつくったとき、高貴な色である紫をさけ、海老茶を用いた。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふか‐むらさき【深紫】

濃い紫色。濃紫(こむらさき)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふかむらさき【深紫】

濃い紫色。こむらさき。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深紫の関連キーワード小豆色柿色甕覗胡桃色練色半色山吹色いろと濃き色

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

深紫の関連情報