コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深紫 こきむらさき

色名がわかる辞典の解説

こきむらさき【深紫】

色名の一つ。黒とも書き、濃色こきいろともいう。やや暗く濃い色のこと。603年(推古11)に制定された冠位十二階による冠の色で最高位に相当する。臣下が対象であって、天皇皇太子ではないが、これ以降「紫」という色は特別な意味をもつようになる。深紫は高価な紫根しこんによって染色し、濃くなるほど染める回数が増え、多くの紫根を用いたため極めて贅ぜいをつくした色である。また、貴族の未婚女性が身につけるはかまの色でもあった。このことから、明治時代に女子学生用の袴をつくったとき、高貴な色である紫をさけ、海老茶を用いた。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふか‐むらさき【深紫】

濃い紫色。濃紫(こむらさき)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふかむらさき【深紫】

濃い紫色。こむらさき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

深紫の関連キーワードコバルト華(データノート)パッションフルーツロイヤルパープル紫(有職故実)浦上弥五衛門トリカブト明治時代閻浮樹最高位大織冠鳥兜束帯半臂臣下色名推古禁色当色位袍薄色

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android